英会話上達のヒント

「ニューヨーク、私、好きです。」と言えても”New York I like.”とは言えません。

New Yorkは目的語

 

英語を学んでいると、日本語と英語の語順の違いに戸惑うことはありませんか?日本語と英語の主な違いのひとつが、この「語順」なのです。

日本語と英語の違いを素直に受け入れる

でも、心配ご無用!これは単に「違い」であって「難しさ」ではありません。なぜなら、日本語は語順に正解・不正解がないのに対し、英語の語順はほぼ決まっているからです。そう、日本語の方が言語としての難易度が高いのです!

たとえば「私はニューヨークが好きです(I love New York)」という一文。日本語と英語を比べてみましょう。

日本語:①私は、②ニューヨークが、③好きです。

英語: ①I、③ love、② New York.

  • 主語、②目的語、③動詞の順番は、日本語が①→②→③、英語は①→③→② となります。みなさんもすでにご存じかと思います。

英語はこの語順を崩すと通じません。「New York I love.」とは言えないのです。日本語は違います。下の5つの文をご覧ください。日本語として全て正解ですよね。

「私はニューヨークが好きです」

「私、好きです。ニューヨーク」

「好きです、私。ニューヨーク」

「ニューヨーク、好きです。私」

「ニューヨーク、私、好きです」

日本語はどんな語順でも、つまり主語、動詞、目的語の順番を入れ替えても、ほぼ通じます。文章や会話におけるフォーマル度によって適切か不適切かという観点はありますが、日本語の文法は英語と比べて柔軟性が高く、曖昧であると言うことができるでしょう。

英語の語順を単純化して覚える

このような、曖昧で複雑な日本語を駆使している私たちなのですから、単純な構造の英語を恐れることはありませんよね。

目的語の存在を意識する

ただし、英語では目的語を必ず示すことが大切です。

たとえば、以下の会話です。

Aさん“Where are you from?”①

Bさん“From Japan”②

Aさん“Which city in Japan?”③

Bさん“Kobe. Do you know?”④

Bさんの④は日本語脳のまま英語に訳したもので、目的語が抜けています。正しくは、そう、もうおわかりですね?「Kobe. Do you know Kobe?」です。

By Acco
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・