英会話における日本人の癖を
分析することから生まれたメソッド

Eigo Chat Lab!では、ビデオ通信アプリzoomを使って学習者が継続的に日本人の英語の弱点を克服できる方法と環境を提供します。日本人が英語を話すときに無意識のうちにやっているミスがあるとしたら、それを直したいと思いませんか?

Eigo Chat Lab!では英会話の上達を支えるために必要なものは、英会話の技術面の指導と、学習を長く継続できる環境の整備だと考えています。

英会話上達の障壁となる「日本人の癖」とは?

ワードオーダー(語順)の問題

年齢にかかわらず日本人英語学習者は母語である日本語の強い影響下で英語を学習します。日本語と英語の違いがもっとも顕著にでる文法的側面が「語順」の問題です。具体的には、主語と動詞の位置の違い、そして修飾語と被修飾語の位置が逆転することが挙げられます。Eigo Chat Lab!ではこれを「ワードオーダー」というキーワードで意識化していきます。

リエゾン(音の連結)の問題

日本語では連続した単語の音が連結するという現象があまり起こりません。しかし英語では基本的に音は連なっていくのです。単語の末尾が子音で終わり、次の単語が母音で始まればかならずリエゾンという音の連結が起こります。また、リーディング中心の英語に慣れた日本人は単語間のスペースを無意識に認識してしまい文を細かく切ってしまいます。

英会話を上達させるために必要な「環境」とは?

なんといっても学習を「継続」できる環境をもつ

英会話は勉強というよりも練習です。自分の体に英語を習慣となるまで身につけていくプロセスが英会話の学習となります。そういう意味でスポーツや技術を必要とする他の習い事と同じなのです。どんな分野でも上達するには最低でも5年以上が必要です。Eigo Chat Lab!では月額会員であれば使え切れなかったポイントが毎月更新日に自動引継ぎとなりますので、ポイントが無駄にならず学習の継続がしやすいです。

英語そのものに「慣れる」ことができる環境をもつ

「英語に慣れる」ということにはいくつかの意味があります。英語の話し方、リズム、イントネーションや間合いに慣れるということ。また、日本語と英語では表現の発想自体が異なる場合も多く、そもそもの発想法の違いに慣れる必要もあります。Eigo Chat Lab!の講師は日本人なので、自らそうした言語の違いに慣れて克服していった経験をもっています。そうした講師達から「いかにして英語に慣れるか」のヒントを得てください。

会話そのものを「楽しむ」ことができる環境をもつ

Eigo Chat Lab!の講師は英語力だけでなく指導力があり話題が豊富な人材を採用しています。なによりも日本人なので安心感があります。初心者にありがちなネイティブとの会話につまってしまい気まずい思いをした、ということはありません。また、文法の説明だけを日本語でしてもらえるなど、英会話を楽しく継続していける環境に配慮しています。

お薦め講師一覧

Eigo Chat Lab!お勧めの講師を紹介いたします。気になる講師がおりましたら、是非プロフィールをご確認ください。

お知らせ

授業紹介の不具合について

2021/04/03 投稿

現在、授業紹介ページでレッスンを「人気順に並べる」「ポイントが少ない順に並べる」「新着順に並べる」が正しく機能しておりません。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。なるだけ早く修正いたします。

サービス開始

2021/03/05 投稿

2021年3月8日(月)よりオンライン英会話Eigo Chat Lab!のサービス提供を開始いたします。「日本人による日本人のための英会話」をコンセプトにしています。日本人の英語の癖を一番理解しているのは日本人であるという前提にたった考えです。具体的には英語の「語順」の問題、音の「連結」の問題にフォーカスしながら、英会話の学習を「継続」し、英語に「慣れ」、そして会話そのものを「楽しめる」環境づくりに励んでいきます。