英会話上達のヒント

Rの発音

Rの発音の仕方

 

Rの発音で苦労している人が少なからずいます。

そこで今回はRの発音をより正しい方向に導く簡単な秘訣をお教えします。

 

まず、Lの発音に苦労している人はあまりいませんね?

なぜだか分かりますか?

 

それはLの発音が日本語のラリルレロ行の発音に近いからです。

 

ちょっと意外ですか?

 

確かにローマ字ではラリルレロはRで綴られます。

例えば、ryokan, ramen, Kamakura, sakura, samurai 等々。

なので、英語のRを見ると反射的に脳がラリルレロと反応するのも無理はありません。

でも、その反応をまず意識的にストップさせて下さい。

これがまず大事です。

 

日本語で「ラリルレロ」と言うと舌の先が口の中の上部に当たりますね?

英語のLも同じく舌の先が口の上部に当たります。

だから、英語のLは日本語のラリルレロに近いのです。

 

では、問題のRですが、Rの場合、舌はまったく口の上に当たりません。

 

もう一度言います。

 

Rを発音するとき、舌は口の上に 当・た・り・ま・せ・ん。

 

これを簡単に試す方法は、舌の先を口の上に当てずに「ラリルレロ」と言ってみることです。

できましたか?

 

それができたら、英語のRの発音ができたことになります。

それが英語のRの発音です。

 

でも、一回だけできてもまた戻ってしまうので後は訓練です。

脳と舌の訓練です。

 

脳が反射的にラリルレロと反応してしまうのを止める訓練と、舌を口の上に当てずにRを発音する訓練です。

 

Rを正しく発音するためには、舌と口全体の筋肉をこれまで使ったことのない方法で動かせるようになる必要があります。

 

音楽やスポーツと同様、身体の一部に新しい動きを覚えさせるには訓練が必要で、舌と口もその例外ではないのです。

 

Rが上手く発音できると急に英語が英語らしくなって、英語で喋るのがもっと楽しくなりますよ。

By Portland
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・