英会話上達のヒント

英語で「年齢」を表すさまざまな表現をマスターしよう!


覚えておくととっても便利!

 

今回は、英語で「年齢」について述べる時のフレーズをいろいろとご紹介したいと思います。

目の前の人に直接「あなたは何歳ですか」と聞くようなケースはあまりないかもしれませんが、別の人のことを話題にしたり、有名人についておしゃべりしたりする時には、年齢の話もよく出てきますよね。そんな時、いろいろな言い方を知っておくと役に立ちます。また、英語で書かれた役所の書類や薬の注意書きなどを読む時にも、英語だと年齢がどのように書き表されているかを知っておくと便利だったりします。

では順に説明していきましょう。

年齢を表す基本表現

年齢を表す基本的な表現は「He is 8 years old.(彼は8歳です)」のように「主語+be動詞+年齢を表す数字+years old.」です。

 

I am 48 years old.

(私は48歳です。)

 

明らかに年齢についての話題だと分かる場合は、「years old」を省くこともあります。

 

I am 48.

(私は48歳です。)

 

ハイフン(-)を使って表現する年齢

上の基本表現に加えてよく目にするのが、ハイフン(-)を使った年齢の表現方法です。例えば、

 

She has a 5-year-old son.

(彼女には5歳の息子がいる。)

 

といったものです。

ここでは、「5-year-old」の部分が、ひとかたまりになって「5歳の」という形容詞のような役割をしています。

このように「年齢を表す数字-year-old」とハイフン(-)を使って年齢を表現することができます。

この際、単位の部分は単数形にしなければなりません。

例えば、

「5-years-old」は間違いで、「5-year-old」と、「year」を単数形にしなければなりません。

 

また、次のような使い方がされる場合もあります。

 

She is a 10-year-old.

(彼女は10歳です。)

 

本来ならば「She is a 10-year-old girl.」など、「girl」などの名詞が入るべきなのですが、文脈上明らかな場合は名詞が省略されることがあります。

「a」があるのに後ろに名詞がないのはちょっとヘンな感じですが、このような使い方がされる場合もあります。

 

 

そのほかの、年齢を表す言い方

そのほかにも、年齢を表す言い方にはいろいろなものがあります。

冠詞や前置詞の使い方がやや複雑ですが、一緒に覚えてしまいましょう。

 

「at age 数字」のパターン(主にアメリカ英語)

He is at age 8.

(彼は8歳だ。)

 

「at the age of 数字」のパターン

He is at the age of 8.

(彼は8歳だ。)

 

「数字 years of age」のパターン

He is 8 years of age.

(彼は8歳です。)

 

「aged 数字(years)」のパターン

He is a boy aged 8 (years).

(彼は8歳の少年だ。)

 

 

「○歳前後」などを表す言い方

日本語だと例えば、「○歳前後」「○歳手前」「○歳代」などといったような、はっきり年齢を表さない場合の英語での言い方をご紹介しましょう。

 

○歳前後

「約」「おおよそ」「大体」などを表す英単語である「around」「about」「roughly」などを使って表現したり、年齢を表す数字に「-ish」をつけて表すことができます。

 

My grandmother is about seventy.

(祖母は70歳前後です。)

 

My mother is 30-ish.

(私の母は30歳前後です。)

 

○歳手前

「○歳手前」という言い方を表す時は、「もう少しで〜」という意味の英単語「almost」や「nearly」を使って表現します。

 

I am almost 40 years old.

(私はもう少しで40歳です。)

 

○歳代

何歳か具体的な年齢がわからない場合などに使う「○歳代」という英語表現には以下のような言い方があります。10代だけ表記が異なります。

 

10代:teen [teenage, teenaged] years

数字の語尾に「-teen」がつく世代、つまり13〜19歳までの若者に使います。

20代:twenties/20s

30代:thirties/30s

40代:forties/40s

50代:fifties/50s

60代:sixties/60s

70代:seventies/70s

80代:eighties/80s

90代:nineties/90s

 

「○は●歳代です」と言いたい場合は、「in one’s 年代」という言い方をします。

 

He is in his twenties.

(彼は20代です。)

 

また、数字に「-something」をつけて、例えば「50代の男性/女性」なら「a fifty-something man/male」のように言う場合もあります。

 

She is a fifty-something female.

(彼女は50代の女性です。)

 

○代前半

上の「in one’s 年代」という言い方に「early」を挿入します。

 

He is in his early 50s.

(彼は50代前半です。)

 

50代前半は、50〜52歳くらいを表すことが多いです。

 

○代半ば

「mid」を使います。

 

He is in his mid 50s.

(彼は50代半ばです。)

 

50代半ばは、53〜56歳くらいです。

 

○代後半

「late」を使います。

 

He is in his late 50s.

(彼は50代後半です。)

 

57〜59歳くらいです。

 

 

「○歳になる」という言い方

現在ではなく、いつかの時点で「○歳になる」という場合は、「turn」という単語をよく使います。

ニュース英語や海外ドラマ、日常会話でも頻出ですので、ぜひ覚えて、使えるようにしてみてはいかがでしょう。

 

I turn 60 this year.

(私は今年60歳を迎える。)

 

この場合、「I will turn 60 this year.」と「will」を入れてもOKですが、「決まっている未来のこと」なので現在形でも大丈夫です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「年齢」を表すさまざまなフレーズをご説明しました。

この他にもいろいろな言い方がありますので、新しい言い回しに出合ったら、都度自分のものにしていきましょう。

 

byあいんちゅ
同じライターの別の記事を読む

ライターあいんちゅのプロフィール
語学、海外トラベル系の雑誌やムックの企画と編集そして執筆を長年しています。元大学教員。書くことが好きで常に何か考えて、書いていないと落ち着かない性分です。還暦過ぎてからの留学を実現するために日々英語勉強中。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA