英単語

「コストコ」・「イケア」は英語で通じない?

コストコ、イケアはカタカナ英語

 

こんにちは!

皆さん普段買い物はどちらでされていますか?

便利な家の近くのスーパーや近所の八百屋さん、街にあるお気に入りのお店など普段よく行くお店っていくつかありますよね。

英語に興味のある方なら、きっとコストコやイケアなど海外からのお店が好き!という方もいらっしゃるかと思います!日本ではなかなかないサイズの大型カートにいつもとは違う品揃え、なんだかワクワクしてきますよね♪

実はこのコストコにイケア、いつ行ってもレジには列ができているくらい北米でも大人気のお店なのですが、実はこちらの名前、英語では「COSTCO = コストコ」・「IKEA = イケア」ではないこと知っていましたか?

目次

「コストコ」も「イケア」もローマ字読みの影響

コストコはギリギリ「あぁ!COSTCO か!」と理解してもらえる可能性がありますが、イケアは完全にアウトです。

 

なぜかと言うと、日本語(またはローマ字読み)とは違う英語独自のスペルと発音のルールがあるからなんです。こちらしっかりおさえておくと、他の初めての単語に出会った際にも役に立つのでぜひ参考にしてみてくださいね!

コストコの英語発音

まず「COSTCO」

こちらはカタカナにすると「コォースコォ」が一番近いんです!

でもこう聞くと「あれ?”t”は??」と感じるかと思うのですが、このCOSTCO 、 T の後ろには母音のアルファベットは入っていないですよね。(トと読まさるなら本来は O が続くはずです)

つまり、この T は子音のみの音になり、厳密には息による「トゥッ/ツッ」といった音が入るのですが、こちらはとても短く小さな音となるためはっきりと聞こえることはほとんどなく、はっきりと発音として入ってしまうよりは、むしろ省いてしまった方が伝わるくらいの存在感になります。

また、日本語では「コ・ス・ト・コ」のどれも同じ度合いで読み上げますが、アクセントはかなり強く最初の「CO(コォー)」に乗ってくるのが英語としての COSTCO になります。

イケアの英語発音

次に「IKEA」です。

こちらはまさにローマ字読みが「イケア」ですよね!

こちらは英語のスペルのルールに従うと「アィキィア」になります。

(イケアだと信じていた私は初めて「アィキィア」を聞いた時、なんの事なのかわかりませんでした。)

英語には、

【母音+子音+e  の綴りだと、最初の母音をアルファベットそのままの発音で読む】

というルールがあります。

例えば

Make

Like

Joke

などがこれにあたります。a (エイ)i (アイ)o (オゥ)になっていますよね!

 

だとすると「アィクア」では??と思いたくなるところなのですが、

IKEA と一文字違いの皆さんご存じの単語 idea を思い浮かべてみてください。

こちらは「アィディア」ですよね!

e のすぐあとにa が続くことで、この「○ィア」のルールを生み出されています。ちなみにこの綴り、idea と同様a の前にアクセントが乗ってくるので、IKEA は「キィ」の部分がアクセントとなります。

 

馴染みのない単語の読み方に迷った時は、上記のように似た綴りの単語が助けになることもあるので、ぜひ辞書に手を伸ばす前に一度挑戦してみてくださいね!

講師紹介ページ
Shizuka 先生のプロフィール – 日本人による日本人のためのオンライン英会話Eigo Chat Lab!

同じ講師の別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・