英会話上達のヒント

英検 4級のレベルと対策


大人のやり直し英語にも役立つ英検4級

 

英検®︎といえば、日本で一番有名な英語資格のひとつで、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級と、レベル別に7つの級に分かれています。スコアではなく、合否で結果が決まるため、習熟度を確認するためのマイルストーンとしても利用できる試験です。

 

今回は、英検4級のレベルや活用法、どんな人におすすめかについてご紹介します。

 

英検 4級のレベルと試験内容

 

 英検4級のレベルと大人におすすめする理由

 英検4級のレベルは「中学中級程度」

目安は「簡単な英語を理解することができ、それを使って表現できる」レベルで、目安は中学2年生までに習う範囲です。

 

英検4級は、1年くらい英語を習っていれば小学校低学年でも十分に合格を狙えるレベルのため、 大人が受けるイメージはあまりないかもしれません。

しかし、中学基礎レベルの英語に自信のない方や、英語の勉強を始めたばかりの方にはぜひおすすめしたい試験です。

というのも、英検4級の対策をする中で、基本英語の範囲で自分が苦手なところが明確になり、また合格後は級を上げていくことで、自分の成長がわかりやすく見えるだけでなく、特に独学だと迷いがちな勉強法をある程度統一できるからです

 

それでは、英検4級の試験内容をみてみましょう。

英検 4級 一次試験

英検4級は一次試験で合否が決定します。

 

試験時間:筆記(35分)リスニング(約30分)

 

題材:日常生活(家庭、学校、公共施設、電話な、アナウンスなど)で使用する身近な話題(家族・友人、学校、旅行、買い物、自己紹介、休日の予定、趣味、天気、道案内など)

 

リーディング(すべて 4 択)

・語句の空所補充(短文・会話文):15問

・会話文語句空所補充(文・会話文):5問

・日本文付き短文の語句整序(短文): 5問

・長文内容一致選択(説明文・評論文):10問

 

リスニング(3・4 択)

・会話の応答文選択:10問

・会話の内容一致選択:10問

・文の内容一致選択(説明文):10問

英検 4級 スピーキング テスト(希望者のみ)

2015年より受験申し込みをした全員が受けられるスピーキングテストが導入されましたが、英検4級の合否は一次試験の結果で決まります

 

試験時間:4分

形式:録音型の面接

・音読   25語程度のパッセージを読む

・パッセージについての質問

・イラストについての質問

・受験者自身のことなど日常生活の身近な事柄についての質問

 

英検4級の二次試験は、受けなくても合否に関係ありませんが、オンラインで気軽に受験ができるので、自分の実力を把握するためにもぜひチャレンジしてみましょう。

英検 4級  大人のための活用法

英検4級を受けてみようと考えるとき、合格自体が目標という場合は少ないと思います。

特に大人の学習者には、実践ありきで英検4級を活用することをおすすめしています。

特に下記のような方はぜひ英検4級を最初の目標に設定しましょう。

 

・英語を始めたいが、すぐに英会話レッスンをやるのは抵抗がある

・中学英語に自信がない

・基礎から独学で学び直したい

・中1くらいの英語なら理解できる

・英語を勉強したいが、どこから手をつければいいかわからない

 

こんな方におすすめです。

それでは大人のための英検4級の活用方法をみていきましょう。

 

過去問を解いて自分の現在地を知る

最初に過去問を解いて、自分がどれくらいのレベルにいるのかを把握しましょう。

時間通りに解答し、間違えたところ、時間がかかりすぎたところがあればそこを中心に対策をしていきます。

ここでしっかりと、自分の弱点を理解するようにしましょう。

 

英検4級レベル 語彙力

過去問に出てきた単語や熟語でわからないものが多かった場合、語彙力を上げる必要があります。英検4級に出てくる単語は、ほとんどが日常生活によく登場する基本単語です。

まずは、英語をみて日本語の意味が言えるまで繰り返しましょう。

多くの方の場合、最終的な目標は英語を話せるようになることだと思います。

英検4級レベルの単語は日常会話で使うものばかりなので、実際にすぐに自分が使うとしたらどんな場面でどう言うだろうかと、想像しながら覚えてみましょう。

使うことを意識して学習することを癖にしておくと、会話で使える表現の引き出しがどんどん増えていくので、モチベーションを保ちながら進めることができます。

 

英検4級レベル 文法

英検4級レベルの文法項目はこちらです。

 

・過去形

・過去進行形

・未来形

・助動詞(can /must/ may/ should/ shall)

・動名詞

・不定詞

・比較

・接続詞

 

いかがでしょうか?

どんな文法か思い出せない項目があれば、中学文法のテキストで確認します。問題演習は、和訳は意味がわかればいいので、並べ替えや英作文などを中心に解きます。

基本文法は英語力の土台になるところです。単語がどの順番で置かれているか、特に主語、動詞がどこにあるか、文の骨格に気をつけながら、完全に理解できるまでしっかり取り組みましょう。

 

英検4級レベル リーディング

リーディングに課題があると感じるとき、

意味がわからなくて解けない場合は、単語と文法を確認してから、

読むのに時間がかかる場合は、自分がスピーカーや書き手になったつもりで、内容に注意を払いながら音読練習をします。

英検4級レベルのリーディングに出題される問題は、簡単な会話や掲示、Eメールなど、日常生活で英語を使う場合でも、すぐに必要になるものばかりです。

使えそうな表現は、その場で覚えて明日使ってみるくらいの勢いで練習してみてください。

できれば簡単にできるオンライン英会話で、実際に使ってみましょう。

自分が覚えたばかりの表現が相手に通じると、英語をより楽しく感じることができ、もっと知りたいという気持ちが出てきます。

 

英検4級レベル リスニング

英検4級レベルのリスニングは中学基本レベルのため、複雑なつくりの長い文章はありません。

そのため、聞こえるまで聞く、発音を真似することでクリアします。

一度聞いてみてわからなかったら、何度かチャレンジして単語だけでも聞き取ろうとしてみます。その後解説を見て内容を確認し、英語の文字と音がある程度一致するまで何度も聞いてください。今度は音声を聞きながらスクリプトを見て自分で発音してみましょう。淀みなく言えるようになったら次に進みます。

リスニングの時は、実際に自分が話しかけられている場面をイメージしながら、少しでも情報を拾うことを意識することで、すぐに実践に生かすことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、英検 4級のレベルと大人向けに活用方法ご紹介しました。

英検 4級は、日常生活ですぐに使える単語や表現がたくさん出てきます。ただ理解して終わりにするのではなく、すぐ使ってみることで英語学習のモチベーション維持にも役立ちます。ぜひ、英語ができるようになるための一歩として英検4級を活用してみてくださいね!

 

英検3級のレベルが知りたい方

ポイント整理!英検3級のレベルと対策

 

By Eli
同じライターの別の記事を読む

ライターEliのプロフィール
英語力ゼロでアメリカ留学後、独学4ヶ月でTOEIC800越えを達成。大学卒業後は、翻訳、海外事務に従事。現在は英語講師として、幼児から社会人まで、英会話から大学受験までの指導にあたる。TOEIC970。

本記事の運営元Eigo Chat Lab!でオンラインの英検対策をしてみませんか。こちらより無料体験ができます。