英会話上達のヒント

TOEIC 900点のレベルと勉強法


TOEICで900点に到達するためには?

 

TOEIC Listening & Reading Testは、国内の多くの企業が採用や人事の評価で重視している、日本で最も知名度の高い英語資格の一つです。合否ではなく、10〜990のスコアのうち5点刻みで表示されます。

今回はTOEIC 900点のレベル、達成にはどんな勉強法が有効かについて紹介していきます。

 

目次

TOEIC 900点のレベル
TOEIC 900点レベルの英語力
TOEIC 900点レベルのリーディング力
TOEIC 900点レベルのリスニング力
TOEIC 900点レベルのスピーキング力
TOEIC 900点レベルを達成する勉強法
TOEIC 900点レベル達成のために、使える語彙を増やす
TOEIC 900点レベル達成のために、リスニングの負荷を下げる
TOEIC 900点レベル達成のために、スピードを上げて音読をする
まとめ

 

TOEIC 900点のレベル

IIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)の公開データによれば、900点以上を取得しているTOEIC公開テスト受験者は約3%程度です。

TOEIC900点越えと聞けば、TOEICにあまり馴染みのない場合でも「かなり英語ができる人」という印象を持つのではないでしょうか。

実際にTOEIC900があれば、外資系企業への転職や海外赴任を希望する際にも、実務で使える高い英語力の証明としてアピールすることができます。

 

TOEIC 900点レベルの英語力

 

TOEIC 900点レベルのリーディング力

TOEIC 900点レベルの英語力を持っている場合、高校〜大学レベル以上の語彙や文法の知識があり、ある程度高い難易度の英文を語順のまま理解することができます。

英字新聞やペーパーブックも読むことができますが、内容やレベルによっては辞書が必要だったり、複雑な構造の文は意味を取るのに時間がかかったりする場合もあるでしょう。

 

TOEIC 900点レベルのリスニング力

リスニングでは、TOEICのリスニングパートで満点を取る実力があります。

日常会話での聞き取りに困ることはほとんどないでしょう。

ただ、海外ドラマやニュースで情報を拾うのに苦戦することもあります。字幕なしで理解するのは難しいこともあるでしょう。

 

TOEIC 900点レベルのスピーキング力

スピーキングを測る内容ではありませんが、TOEIC 900点レベルの英語力があれば、ビジネスの場面でもコミュニケーションにあまり支障はないでしょう。自分の意見を述べたり、相手からの質問や要求に答えたり、多くの場合適切に対応することができます。

TOEICで高得点が取れても、必ずしも同じレベルで会話ができるとは限りません。

しかしながら、スピーキングが苦手という場合でも、900点レベルの英語力があれば、英語で円滑にコミュニケーションが取れる素地を十分に備えているといえるでしょう。

TOEIC 900点レベルを達成する勉強法

それではTOEIC 900点を達成するために必要な勉強を見ていきましょう。

 

TOEIC 900点レベル達成のために、使える語彙を増やす

TOEIC900点以上を取るために、必要な語彙数は10,000語といわれています。

ネイティブスピーカーの語彙数が20,000〜30,000語なので、およそ半分ほどです。

900点というTOEICでは高いスコアを目指す場合でも、すでに語彙数が十分足りているとはいえません。さらにレベルの高い語彙を増やしていきましょう。

TOEICで高得点を取るためには、TOEIC用の単語帳で学習するのが最短距離といえますが、テレビや新聞で生の英語に触れ、実際に使える知識に変えていくことも大切です。

ニュースや本を読んだり、ドラマや映画で英語を聞いたりする機会を増やしましょう。

TOEICの単語を勉強していると、ニュースやドラマでも、見たことのある単語に出会うことが多いはずです。どのようなシチュエーションで使われているのかを知ることで、知識がより定着します。

すべてのわからない単語を調べるのではなく、なんとなく知っている単語に出会ったら、意識を向けるようにしてみましょう。

 

TOEIC 900点レベル達成のために、リスニングの負荷を下げる

TOEIC900点を目指す場合は、細かいところまで正確に聞き取り、なおかつ情報を最後まで頭に残せるようにリスニングを鍛えましょう。

シャドーイングは、リスニングを鍛える上で大変効果的な練習方法です。

詳しいやり方は是非こちらをご覧ください。

英語シャドーイングの効果とやり方

シャドーイングの際は、内容を理解しながら行うコンテンツシャドーイングを目指しましょう。意味に意識を向けることでより負荷がかかり、英語を処理する力が鍛えられます。

また、さらにリスニング時にかかる負荷を上げていくために、音声のスピードを上げてトライすることをおすすめします。

音声の速度を調節できるプレーヤーやアプリを利用しましょう。等倍速で十分にシャドーイングができるようになったら、少しずつスピードを上げていきます。

速いスピードでシャドーイングができるようになると、より楽にリスニングができることに気づくでしょう。

 

TOEIC 900点レベル達成のために、スピードを上げて音読をする

TOEIC900点レベルを達成するためには、より速く、正確に読めるようになることが必要です。

そこでおすすめしたいのが高速音読です。

高速音読というのは、そのままですが、高速で英語を音読することです。

ノンネイティブが英語を読むとき、ほとんどの場合、目で文字を追いながら頭の中で英語を音にしています。そのため、音読とリーディングの速度は大体同じになります。

 

まずは意味や発音を確認し、正しく音読できるようにします。

次にひとつのスクリプトをどれくらいのスピードで音読できるか、時間を計りましょう。

その後はタイムを縮めながら、できるところまでスピードを上げていきます。

 

音読のスピードが上がると、英語を処理するスピードも上がります。

高速音読に慣れて、リーディングをより速く、正確に理解できるよう練習してみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はTOEIC 900点のレベルや、英語力、達成のための勉強法をご紹介しました。

TOEIC900点レベルの英語力があれば、実際に仕事で英語を使える実力の証明になり、選択肢が広がります。

上位数%に入るので、自分の英語力に自信を持つこともできますね。

今回の記事が、あなたのTOEIC900点取得という目標に、少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

 

By Eli
同じライターの別の記事を読む

ライターEliのプロフィール
英語力ゼロでアメリカ留学後、独学4ヶ月でTOEIC800越えを達成。大学卒業後は、翻訳、海外事務に従事。現在は英語講師として、幼児から社会人まで、英会話から大学受験までの指導にあたる。TOEIC970。

本記事の運営元Eigo Chat Lab!でオンラインTOEIC対策をしてみませんか。こちらより無料体験ができます。