英会話上達のヒント

暗号資産について英語で話してみませんか


暗号資産に関連した英語表現

 

こんにちは。

 

この1年余りで世界は劇的に変わった!と思うのは筆者だけでしょうか?

コロナウィルスの感染拡大で私たち人間の動きが制限される半面、ネットを通じてのコミュニケーションや情報・知識の発信・波及のボリュームはかつてない規模とスピードになりました。

時代の変化に沿って、新しい英語の言葉や表現も次々に出てきています。これらの新しい言葉を英語でのコミュニケーションに反映できたら、会話がより一層楽しくなるのではないでしょうか。

たとえば暗号資産(crypto assets)。皆さんもご存じの通り、暗号資産の台頭でおカネ・資産のあり方が大きく変容してきていますね。

先行き不透明と感じると、私たちは安全な資産を持とうとすると言われます。これまでは「有事のときのドル(買い)buy US dollars in case of emergency」「有事のときの金  buy gold in case of emergency」と言われてきましたが、これからは政治に左右されないと目される「有事のときの暗号資産 buy crypto assets in case of emergency because they are not affected by politics」となるかもしれませんね。

<暗号資産に関するさまざまな英語>

新しい時代の新しいおカネ、暗号資産に関する英語を整理しておくと、色々な場面で役に立つのではないでしょうか。これまであまり馴染みのなかった英語の表現や新しい言葉もありますが、英語で会話する際、話題のひとつとしてストックしておくのは悪くないと思います。

もうご存知の方も多いでしょうが、暗号通貨/資産はcrypto currency/assets や virtual currency/assetsと言われます。これまでは国(中央銀行、central bank)が発行する法定通貨(legal currency)が主流でしたが、中央銀行を介さないcrypto currencyは、Electronic Cash Systemの一角として、役割がどんどん大きくなっていく可能性があると感じます。

 

また、よく耳にするビットコイン(Bitcoin)は暗号通貨の1種類で、暗号通貨そのものを意味する一般名詞ではありません。暗号通貨には他にイーサリアム (ethereum)  、リップル (ripple)、ネム (nem)などがありますね。みなさんの中にも、もうすでに保有している方もいらっしゃるかもしれません。

Crypto assets は通貨(currency)だけでなく、トークン(token)などもあります。NFT(non- fungible token、非代替性トークン)というのは、あまりこなれた日本語ではありませんが、暗号通貨と同じくブロック・チェーン(block chain)上で発行・流通するデジタル・データの一種となっています。

NFTは、デジタルアート作品などの保有者の履歴等をブロック・チェーン上で記録したものをいいます。固有のIDコードとメタデータで贋作と真作が即判断できるなどの利点がある一方、暗号通貨のように頻繁に取引・交換はできないようです。英語では、以下のように定義されています。

Non-fungible tokens or NFTs are cryptographic assets on blockchain with unique identification codes and metadata that distinguish them from each other. Unlike cryptocurrencies, they cannot be traded or exchanged at equivalency.

<サッカー業界でも暗号資産が主流に?>

サッカーのスーパースター、アルゼンチン代表のメッシ選手が今月スペインリーグのバルセロナを退団し、フランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)に加入した際、契約金の一部がPSGのファン・トークン(fun token)という暗号資産だったことが話題になりました。

CNBCの記事を以下に載せます。

Soccer superstar Messi is being partly paid in crypto by PSG(サッカーのスーパースター、メッシPSG移籍。契約金の一部は暗号資産)

(中略)

PSG said Thursday that Messi’s “welcome package” includes the cryptocurrency ”$PSG Fan Tokens.” (PSGによると、メッシの契約金には「PSG ファン・トークン」と呼ばれる暗号通貨が含まれる)

The development has triggered a rally in the crypto tokens that PSG first issued to its fans over a year ago. The $PSG token, created in Jan. 2020 with crypto platform Socios.com, was designed to help PSG build a new fan community.(このニュースで、同ファン・トークン価格は急上昇。同トークンは2020年1月に、クラブチームとファンが交流できるプラットフォームSocios.com上で発行されたもので、もともとの目的はPSGファンの新しいコミュニティ作りを促すことだった)

(中略)

England’s Manchester City launched its own fan token in March using the same technology.(英国プレミアリーグのマンチェスターシティも2021年3月に同じようにファン・トークンを発行した)

 

<英語で一歩進んだ話題を>

英語で自己紹介や趣味、食べ物、旅行など一通りの「基本」的な話題をクリアしたら、暗号資産のような時代の変化に伴う、一歩進んだ話題にトライしてみてはいかがでしょうか?

もちろん暗号資産ほんの一例です。皆さんひとりひとりのアンテナで新しい話題をキャッチして、英語での言葉や表現をストックしておくと英語の楽しさが増すのではないかと思います。

 

By Acco
同じライターの別の記事を読む

ライターAccoのプロフィール
英国で経営学および開発経済学修士号取得後、ロンドンのシティ(金融街)で勤務。その後帰国し外国通信社で金融経済記者として報道に携わる。米系格付け機関、証券会社調査部で金融・経済を中心にライティング、エディティング、翻訳に従事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・