英会話上達のヒント

TOEIC 700点レベルに到達するには


TOEIC 700点のレベルと勉強法

 

TOEIC Listening & Reading Testは、国内の多くの企業が採用や人事の評価で重視している、日本で最も知名度の高い英語資格の一つです。合否ではなく、10〜990のスコアのうち5点刻みで表示されます。

今回はTOEIC 700点のレベル、達成にはどんな勉強法が有効かについて紹介していきます。

 

目次
TOEIC 700点のレベル
TOEIC 700点の英語力
TOEIC 700点のリーディング力
TOEIC 700点のリスニング力
TOEIC 700点のスピーキング力
TOEIC 700点を達成する勉強法
TOEIC 700点達成のために、単語力を強化する
TOEIC 700点達成のために、文法を瞬時に理解できるようにする
TOEIC 700点達成のために、リスニングは発音の知識を身につけよう
まとめ

 

TOEIC 700点のレベル

IIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)の公開データによれば、700点以上を取得しているTOEIC公開テスト受験者は3割程度、大学や企業が主催するIPテストでは1割ほどに減ります。

 

TOEICの平均スコアが約580なので、TOEIC 700点を取得できれば「ある程度英語ができる人だな」と思われるスコアといえます。

 

また一般的に履歴書に書けるのがTOEIC600点からといわれており、TOEIC 700点を持っていれば就職活動や転職活動の際に自分の英語力をアピールすることができます。

TOEIC 700点の英語力

 

TOEIC 700点のリーディング力

 

TOEIC 700点レベルの英語力を持っている場合、リーディングでは短文、長文のどちらにおいても、話の主旨、目的や基本的な文脈を推測することができます。単語や文法の基本的な知識はあるものの、所々に抜けがあり、長文読解においては正確さやスピードにムラがある場合が多いといえます。

 

TOEIC 700点のリスニング力

 

リスニングにおいては、キーワードからおおまかな内容を推測できます。英語の語順でそのまま理解することができ始めるレベルですが、音を知らない単語や瞬時に意味がわからない表現や文法が出てくると、途中でスピードについていけなくなったり、正確に理解できなくなったりします。

 

TOEIC 700点のスピーキング力

 

スピーキングを測る内容ではありませんが、基本的な単語や文法の知識が身についており、それらを用いて自分の言いたいことを伝えられるレベルといえます。長い文を作るのはまだ難しかったり、文法や発音の正確さに課題が残ります。

 

TOEIC 700点を達成する勉強法

 

TOEIC 700点を達成したい場合は、TOEIC対策用の勉強をした方が効率はいいでしょう。

それでは700点を取るために必要な勉強を見ていきます。

 

TOEIC 700点達成のために、単語力を強化する

 

700点を目指す場合、600点レベルの単語に抜けがある場合があります。まずはTOEIC600点レベルの単語を完璧にすることをおすすめします。

またこの際に意味を覚えるだけではなく、必ず発音も一緒に確認してください。まずは単語を見て意味を理解できるようにして、次に発音を聞いて意味がわかるまで取り組みましょう。

 

600点レベルの単語がしっかり身についてきたら、800点レベルの単語帳に取り掛かりましょう。

このあたりから初見の単語が多くなります。時間をかけて一度で覚えようとしてもすぐに忘れてしまいます。なんとなく覚えたなと思ったら、あまり時間をかけずにどんどん進め、繰り返し回数を重ねて定着させるようにしましょう。

 

TOEIC 700点達成のために、文法を瞬時に理解できるようにする

 

まずは基礎レベルの文法が定着しているかを確認しましょう。TOEIC 700点レベルを目指す場合は、仮定法など高校文法まで理解できる必要があります。さらに上を目指す場合でも、高校文法レベルの知識は必須ですので、ここでしっかり定着させておきましょう。

 

その後は文法を瞬時に理解できるようにします。リーディングのスピードも上がり、リスニングでもそのままの語順で理解することができるからです。

 

文法ごとに例文が載っている、瞬間英作文用のテキストを使うのがおすすめです。

まずは例文の文法、意味をわかるようにします。付属の音声を聞いて正しい発音を確認したら、スムーズに読めるまで音読の練習をしてください。

今度は意味を意識しながら、音読をします。話者になったつもりで行いましょう。

 

以上を繰り返していくと、リーディング、リスニングの際、その文法の意味が瞬時にわかるようになります。この方法はスピーキングにも大変効果的です。

 

TOEIC 700点達成のために、リスニングは発音の知識を身につけよう

 

リスニングでは、発音の知識を身につけ、細かい音まで聞き取ることを目指しましょう。

英語ではつづりの通りに発音されない場合が多くあります。

 

例えば、leave it on は「リーヴ イット オン」ではなく、「リーヴィーットン」や「リーヴィッロン」のように発音されます。

 

leaveの/v/の音とitの/i/の音がつながって、「ヴィ」のような音になるのは、リンキング(リエゾン、連結)と呼ばれ、英語の音声変化現象の代表的なものの一つです。

前の単語の最後の子音で、うしろの単語が母音(a,e,i,u,o)で始まる時に主に起こります。

 

また、it の/t/が消えて発音されないのは、リダクション(脱落)が起こっているからです。/p/, /t/, /k/, /b/, /d/, /g/ などの破裂音が単語の最後にくるとき、その音は読まれないことが多くあります。また、get this「ゲッディス」や、look good「ルッグッ」のように、前の単語の最後と次の単語の最初が子音のときにも起こります。

 

it onが「ィロン」となるのは、フラッピング(はじき音)と呼ばれます。/t/や/d/の音が母音に挟まれるとき、日本語のら行のような音に変化する現象です。

water「ワーラー」や、let it be「レリビー」など、アメリカ英語のアクセントで起こります。

 

英語がすべてつづり通りに発音されるわけではないこと、またそのルールをわかっていると、リスニング時の聞こえ方が全く違ってきます。

リスニングを練習する際には、英語の音声変化現象を意識して、自分の聞こえにくい音を探してみましょう。何度も意識して聞くことで、苦手な音も聞こえるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はTOEIC 700点のレベルや、英語力、達成のための勉強法をご紹介しました。

TOEIC 700点は多くの企業で「英語ができる」目安として採用されています。700点達成のために、今回の記事がお役に立てましたら嬉しいです。

 

By Eli
同じライターの別の記事を読む

ライターEliのプロフィール
英語力ゼロでアメリカ留学後、独学4ヶ月でTOEIC800越えを達成。大学卒業後は、翻訳、海外事務に従事。現在は英語講師として、幼児から社会人まで、英会話から大学受験までの指導にあたる。TOEIC970。

本記事の運営元Eigo Chat Lab!でオンラインTOEIC対策をしてみませんか。こちらより無料体験ができます。