英会話上達のヒント

TOEIC Part5対策 ポイントと勉強法


TOEIC Part 5 対策と勉強法

 

TOEIC Part5は、4つの選択肢から空欄の答えを選ぶ、「短文穴埋め問題」です。

30問で、半分以上が語彙から、残りが文法から問われます。

 

Part5の問題は、英語学習の基礎である、語彙と文法から出題されるため、TOEICの中でも初心者が勉強しやすく、対策の効果が表れやすいパートでもあります。

 

早速、TOEIC Part5の対策と勉強法を見ていきましょう。

目次

TOEIC Part5の対策
対策ポイント1:TOEIC Part5の時間配分
対策ポイント2:TOEIC Part5の問題内容
項目別対策①TOEIC Part5 文法問題
項目別対策②TOEIC Part5 語彙問題

TOEIC Part5の勉強法
Part5 文法問題
Part5 単語、熟語問題
Part5 品詞問題

TOEIC Part5対策と勉強法のまとめ

TOEIC Part5の対策

対策ポイント1:TOEIC Part5の時間配分

TOEIC Part5は全部で30問あります。1問あたりにかける時間の目安は20秒、トータル10分前後でPart5を解ききるようにしましょう。

 

対策ポイント2:TOEIC Part5の問題内容

TOEIC Part5の問題内容は、大きく「文法」「語彙」の二種類に分かれます。

Part5のそれぞれの問題例を見ていきましょう。

 

項目別対策① TOEIC Part5 文法問題

文法問題は「前置詞」「動詞の形」「代名詞」「接続詞」などから出題されます。

 

例)

___  she was satisfied with the service that her current internet provider was offering, Hanna decided to look for a cheaper alternative.

 

(A) During

(B) Despite

(C) Although

(D) Except

 

正解は (C) Althoughです。空欄のあとはSVを含む完全な文がきているため、直後に文を取ることができる「接続詞」を選びます。他3つはすベて「前置詞」であり、後ろには名詞しか取れません。

 

TOEIC Part5の文法問題は、選択肢と空欄前後を確認すれば、文法についての問題だと判断ができます。文法問題は全文を読む必要がないため、Part5の中でも時間短縮が可能です。

 

項目別対策② TOEIC Part5 語彙問題

TOEIC Part5の語彙問題は、さらに「単語や熟語」「品詞」の二種類に分かれます。

 

TOEIC Part5の単語、熟語問題

Part5で単語や熟語の意味を問われる問題は、内容を理解するために全文を読む必要があります。選択肢を確認してほとんどの単語の意味がわからない場合は、あきらめて先へと進みましょう。

 

TOEIC Part5の品詞問題

Part5の品詞問題の例を見てみましょう。

 

例)

All my ______ came to the hospital to see a newborn baby of my brother’s.

 

(A) relate

(B) relatives

(C) relatively

(D) relating

 

このように、Part5で似たような意味で形の違う単語が並んでいる場合は、品詞を判断する問題です。

文中の動詞cameの前には、主語となる名詞がくるため、選択肢の中から「名詞」を選べば正解です。

 

(A) relate 「動詞」

(B) relatives 「名詞(複数)」

(C) relatively 「副詞」

(D) relating「形容詞」

 

Part5の品詞問題は、形で答えが決まるため、空欄とその前後を見て正答を導くことができます。品詞を正しく判断することさえできれば、文法問題と同じく、素早く解くことができます。

TOEIC Part5の勉強法

Part5 文法問題

TOEICの他のパートにもいえることですが、TOEIC Part5において、基本文法は必須知識です。

中学文法に自信がない場合は、TOEIC用のテキストに入る前に、わかりやすく説明が載っている演習形式の中学英語問題集を終わらせましょう。理解が曖昧な場合は、説明を再度読み、定着するまで繰り返し解くようにしましょう。

 

中学英語が身についたら、TOEIC Part5対策用の問題集を解きます。

最初は10〜20問ずつ始めて、間違えた問題は解説を読み、その場で理解するようにしましょう。慣れてきたら問題数を増やして、問題のパターンと、時間配分を意識しながら素早く解くことに慣れましょう。

 

TOEICは過去問がなく、過去に出題された問題が再度使われることがあります。そのため、できるだけ多くの問題に触れ、知識を蓄積することが、正答率を上げることに直結します。そのためTOEIC Parrt5対策では、問題数の多いテキストを選ぶようにしましょう。

 

Part5 単語、熟語問題

TOEIC Part5の単語、熟語問題対策は、他のパートと同様です。TOEIC頻出単語を覚えましょう。

Part5 品詞問題

TOEICのPart5の品詞問題対策には、接尾辞の学習がおすすめです。

接尾辞とは、単語の一番うしろの部分のことです。品詞によって使う接尾辞のパターンがあるので、代表的なものをご紹介します。

 

名詞

-nce, -ion, -nce, -ment, -ness, -age, th, -er, -or -ee, -cy, -ry, ty

 

形容詞

-ful, -ble, -ic, -ous, -nt, -ish, -ive, -al, -less, -ing, -ed

 

動詞

-en, -ize, -fy, -ate

 

副詞

-ly

 

ただし、これに沿わない例外もあるので、演習で例外に出会ったら、その度に覚えるようにしましょう。

 

TOEIC Part5対策と勉強法のまとめ

TOEIC Part5は、文法と語彙の問題です。文法と語彙は、TOEICの他のパートで点を取るためにも絶対必要な知識です。特にPart5の品詞問題は接尾辞を知っていれば解ける問題が多くあります。TOEIC Part5対策用のテキストで、できるだけ多くの問題に触れ、TOEIC Part5のパターンと時間配分を身につけ、ぜひ高得点をねらってくださいね。

By Eli
同じライターの別の記事を読む

ライターEliのプロフィール
英語力ゼロでアメリカ留学後、独学4ヶ月でTOEIC800越えを達成。大学卒業後は、翻訳、海外事務に従事。現在は英語講師として、幼児から社会人まで、英会話から大学受験までの指導にあたる。TOEIC970。

本記事の運営元Eigo Chat Lab!でオンラインTOEIC対策をしてみませんか。こちらより無料体験ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・