英会話上達のヒント

食べ物を表現する語彙〜英語で食レポしてみよう〜


食べ物の味や食感を表現する英語

 

こんにちは!SAMURAIです!

 

筆者は最近、梅雨明けを待ちながらついつい一足早めのアイス生活(ほぼ毎日アイスを食べる生活)に入ってしまっています(笑)

 

ところでみなさん、コロナの影響で昔から行っていたレストランがなくなってしまっていたり、お気に入りのレストランの閉店時間に間に合わず毎日偏った食事を取ったり、自炊に疲れてしまったり、食事は毎日取る必要があるだけに大変なことも多いですよね。

そんな日々の中で少しでも気分を上げるにはこれしかない!と思い、今回は食べ物の味や食感を表現する英語をいくつか紹介していきたいと思います!

 

日常生活の中で少しでも英語に触れ合っているだけで英語力の伸びは全然変わってくると思うので、なにか食べ物を食べたときは独り言で食レポをするのもありですね!(筆者も独り言は常に英語でするように意識しています)

 

味を表現する英語 

bland-  こちらは主に、食パンやお餅など味付けなどがされていない食べ物に使われます。味があんまりしない食べ物に使えますね!

 

bitter-  これは有名なやつ!ブラックコーヒーとかによく使われます!

 

bitter sweet –  苦さの中に甘みがある感じの表現

 

chewy – こちらはたくさんChew(噛む)しないと飲み込めない食べ物の時使えます!筆者が思いつくのは肉の筋の部分など!(5分くらい噛んでいないと飲み込めないです。笑)

 

creamy – クリーミーです!日本でもよく使われますよね、同じような使い方でOKです!(こちらは味にも食感にも使えますね。例えばスープなど)

 

sour – 酸味があり、少し酸っぱいような食べ物に使えます!

 

salty - 塩っ気が少し強かったり、塩漬けされている食べ物に使えます!

 

mild – こちらはいわゆる”普通”な感じを表します!例えばチーズとかにはすごく癖のあるものもありますが、マイルドはそこまで癖が強くなく食べやすい物に使えます。(辛さのレベルにもよく使われます。例 Mild→Medium→hot→extra hot)

 

rich – これも食べ物を表現する際によく使われている印象があります。乳製品や脂質などがたくさん含まれているような食品、簡単に言うと満腹感がすぐに得られるような食べ物に使われます! 例 This chocolate cake is very rich.

 

seasoned – こちらは、塩、胡椒、のようなシーズニングが使用されており、その味がするような食べ物に使われます!こちらは味の表現というよりかは”ちゃんと味付けがされてある”と説明する時に使う感覚です。

 

savoury – こちらは甘くなく、塩系やスパイス系の味がする食べ物に使えます!

 

tender – これは噛みやすかったり切りやすいお肉などに使われます!ステーキ屋さんのメニューにも必ずありますよね!筆者はステーキはいつもテンダーを注文します!(笑)

 

食感を表現する英語

crispy – 揚げ物やフライドチキンなどサクサク感がある食べ物に使えます!

 

crunchy – こちらはcrispyよりももっとサクサク感が強いときに使われます!食べる時にサクサク音がなるような食べ物はcrunchyです!

 

dry- これは水分が殆どなく、食べたら口の中がパサパサするような食べ物に使われます!

 

greasy – フライドポテトなどの揚げ物や、油っぽい食べ物に使われます。普通の揚げ物よりかは、まだ油が取れてなく油が目で見えるような物に使われる印象です。

 

ripe – これは味や食感などではなく、フルーツの食べごろを表す表現です。例 The bananas are ripe so we can eat them now.

 

juicy – これは水分などが多く含まれるようなフルーツや肉汁などがあふれるような肉とかに使われます!

 

sticky – こちらは食べた時に口の中がべたべたするような食べ物に使えます!

 

食べ物を表現する英語の使い方は?

「上の単語の中には知っているものもあったし、知らないものもあったけど、どうやって使えばいいの?」と思っているみなさん、実はすごく簡単に使えます!

 

”It is__”  “It tasted __” この空白に埋め込めば使えます!

食感の場合は “It’s so greasy”など。

味の場合は “It tasted very spicy”など。

 

食べ物に関する英語はたくさんあるのですが、上記に紹介したものを覚えておけば今まで、”Good” “Delicious”だけで済ませていた料理の感想も細かいところまで伝えることができます!

たいていの人は美味しい食べものが好きなので食べ物の会話はすごく盛り上がりますよね!

また、海外に行った際にはメニューに乗っている料理の説明文も理解できるようになり、食べるまでどんな味か分からないなんて心配もせずに済みます!

冒頭でも書いたように、独り言は英語の勉強にすごくいいので是非みなさん英語食レポを試してみてください! 今回の記事はここまでです!また次の記事で会いましょう!

 

by Samurai
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・