脱初心者への道(Pick Up記事)

Will you~?の意味と使い方

Will you~?は相手に何かを依頼している

 

こんにちは

 

英語を習い始めたばかりの人に意外と多いミスが、Will you~?May I~? Shall I~?などの使い分けです。

例えば、相手に何かお願いするのに、Will you~?を使いますが、代わりにMay I~?やShall I~?を使ってしまっているケースなどが見受けられます。

今日は、上記の表現の使い分けのポイントについて整理してみます。

主語を意識する

まずは初心者の方が見逃しがちなのが、主語の役割です。主語というのは動作の主体ですから、Will you help me? と言ったら「あなた」が手伝う主体になります。逆にMay I help you?と言えば「私」が手伝う主体です。

ポイントを整理します。

相手に何かをして欲しいなら“Will you~?”

自分がしたいことの許可を求めるなら“May I~?”

例文

Will you close the window? 窓を閉めてもらえますか?(あなたが窓を閉める)

May I close the window? 窓を閉めてもいいですか?(私が窓を閉める)

May I~?とShall I~?の意味と使い分けは

それでは主語が同じ場合のMay I~?とShall I~?はどんな意味の違いがあり、どこに気を付けて使い分ければいいのでしょうか?主語は同じ”I”なので、行為の主体は「私」です。

May I~?は「私がしたいことを相手に許可を求めている表現」です。それに対して、Shall I~?は「相手のことを思って自分が何かしようと提案している表現」です。つまり、行為の主体は同じ「私」でも、「自分がしたいこと」ならMay I~?となり、「相手のためにしたいこと」ならShall I~?となります。

例文:状況は、窓が開けっぱなしで部屋が寒いかもしれません

May I close the window? 窓を閉めてもいいですか?(私が寒いと感じている)

Shall I close the window? 窓を閉めましょうか?(相手が寒いのではないかと気遣っている)

Will you~? May I~? Shall I~?のまとめ

まずは、行為の主体を意識して「誰」が「何」をするのかを考える癖をつけましょう。相手が何かをするのであれば、主語に”I”がくることはないのです。また主語が同じ”I”であっても、自分がしたいことか、相手のためにしてあげたいことかで表現が変わります。

補足として、Will you~?をCan you~?とすると親しい相手への依頼となります。友達や家族ならCan you~?でもいいですね。同じく、May I~?をCan I~?とすると親しい相手に許可を求めているニュアンスです。

by Mogu
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人英語講師による日本人のための英会話
TOEIC対策・英検対策・TOEFL対策・発音指導・英文エッセイ・文法指導
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・