英会話上達のヒント

「r」や「th」よりも難しいかもしれない発音

thよりも難しい発音は?

 

こんにちは。

 

語学を習得する上で、正しい発音を意識することは大切ですね。

私たち日本人が英語を習得するとき、必ずと言ってよいほど気をつけるようにと教わる発音がいくつかあります。

「r」「l」「th」は日本人が苦手な代表的な発音

みなさんもうおわかりかと思いますが、「r」と「l」の違いや、「th」ですね。「sh」と「s」の違いや、「wo」と「wa」の違いも気をつけたいですね。

例を挙げる必要もないかもしれませんが、「r」と「l」はたとえば「right」と「light」の違い、「th」は「both」と「boss」の違いや「those」と「dose」の違い、「sh」と「s」は「ship」と「sip」の違い、「wo」と「wa」は「work」と「walk」の違いなどです。

特に「r」、「th」、「wo」は日本語にはない音ですので、最初は難しいかもしれません。音を「習得」する必要があります。

でも、筆者が言うまでもなく、これらの発音は学校の英語の授業など教わるでしょうし、すでに日本語にはない要注意な発音として広く知られていると思います。今日日、英語を学ぶ日本人の多くがこの音の違いを十分に習得し、問題なく使いこなせているのではないかと思います。

英会話に熱心なみなさんでしたらなおさら、これらの代表的な「難しい」発音は、すでに習得されているのではないでしょうか。

筆者も上記のものについては、自分でも「ほぼ大丈夫かな」と思っています。

実は「r」「th」よりも難しい発音

<「i」と「j」>

ですが、筆者には今でも発音するときにやや緊張する音があります。

「i」と「j」です。

たとえば「ear」と「year」。日本語のカタカナで書くと両方とも「イヤー」となってしまいますが、「year」の「y」には「i」の裏に「j」が隠れているようなのです。この「j」はやはり日本語にはない音で、うまく説明できないのですが、「イ」に濁点をつけたような音(「イ”」のような)と言えばイメージしていただけますでしょうか? 音としては「イ」というよりも「イェ」で「ェ」が非常に短い音で、聞こえるか聞こえないかぐらいの感覚です。

この「j」すなわち「イ」をヤ行(ヤイユエヨ)の「イ」と説明している辞書などもあります。

 

「y」が使われた単語で、もうひとつ例を挙げましょう。

「yell」と「 yale」です。

応援する、わめくを意味する「yell」とエール大学の「yale」です。

「yell」は「jel(イェル)」と発音するのに対し、「yale」は「jeil(イェィル)」と1音増えた発音をするようです。

 

<あの簡単な単語、実は発音が難しい?>

発音について、筆者には忘れられない思い出があります。

当時小学生だった筆者の姉が、近所のお宅で同級生数人と英語を習っていました。先生は若い女性(帰国子女だったか、お父様が英語圏の人だったか記憶があいまいなのですが)で、週1回そのお宅に教えに来ていました。幼稚園児だった筆者は毎週、姉について行って(英語を勉強するのではなく、ただ単に)一緒にお邪魔していました。

ある日、姉の同級生の女の子が言ったある単語の発音が違うと、先生が何度も何度もしつこく直しました。先生は普段とても優しくてあれこれ細かく直す人ではなかったので、この発音に対するこだわりに、筆者は子供心にとても驚いた記憶があります。姉やまわりの同級生たちもあっけにとられていたと思います。

その女の子が何回言い直しても、先生は「No, one more time」と首を横に振ってなかなか「OK」を出しませんでした。10~15回ぐらいは直したでしょうか。その女の子(筆者にとってはその当時大きなお姉さん)はあまりに何回も直されて、最後の方は涙目になっていたのを今でもよく覚えています。

その単語とは…

「candy」

はい、日本語としてもすっかり定着しているキャンディ(アメ)です。でも、この「candy」の「ca」がクセ者だったのです。

日本語のカタカナで言う「キャンディ」ではないようなのです。筆者の幼稚園当時の記憶を辿ると、音としては、「ケンディ」と「キャンディ」の間の音のようなイメージです。

音を文章で説明するってほんとうに難しい! でも、正しく発音しないと相手に伝わりませんから、やはり発音は大切ですね。

みなさんも、気になる音はぜひ講師の先生方に発音してもらって、正しい音を何度も聴いて耳で習得してくださいませ!

日本人以外の外国人は英語の発音は得意なのか?

さて、発音って難しいなあ、日本人には不利だなあと思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに「candy」などは、たとえばフランス人には比較的簡単かもしれないと思います。フランス語で「4」を意味する「quatle(キャトル)」の「qua(キャ)」の音は、「candy」の「ca」にほぼ一致しそうですから。

でもがっかりすることはありません! いじわるなようですが、フランス人にも苦手な音はあります!

フランス語、そしてスペイン語では「h」を発音しないので、彼らは「h」の発音が苦手なようです。たとえばフランス語では「 hors – d’œuvre」を「オルドゥーヴル(オードブル)」、スペイン語では「hola!」を「オラ!(やあ!)」と発音します。

ですから「hot」を「オット」と言うフランス人やスペイン人は少なくありません。

英語を外国語として学んでいるという点では、どこの国・地域の人も平等に苦労しているということですね。

By Acco
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・