英会話上達のヒント

英語が母国語の人たちの悲劇?ー外国語を学ぶ必要性

英語が母国語の人は外国語を学ぶ必要はない?

 

英語が母国語だったらどんなに楽だったか!英語を学習していた10代のころ、このように思うことが度々ありました。

ご存じの通り、英語と日本語は言語体系が違います。日本語を母国語とする私たちが英語を後天的に習得するには、文法、単語、発音、イディオムなど、ひとつひとつ覚える必要があります。時間と労力がかかります。10代のころの私は、この時間と労力が不公平だと思っていました。

その何年か後、20代後半の私は修士課程取得でロンドンにいました。言葉と学問の両方に苦労しながらの日々。私を含めた留学生の外国人学生も英国人の学生もみな課題に追われ、学生同士でおしゃべりする余裕もありません。そんな超ハードな時間でしたが、6月に試験が終わると9月の論文提出まで授業も課題もないので、「比較的」時間的余裕ができました。

英語が母国語の人の意識

ある日、英国人の学生何人かと学校のカフェでおしゃべりする機会があり、今までどの国に行ったことがあるか という話しになりました。そのときにひとりの英国人男性(20代後半だったと思います)が言ったことを、今でも忘れることができません。驚いたと同時にあきれてしまったからです。

彼はそれほど多くの国を訪れたわけではないと前置きをした後、こう言いました。

「シンガポールが一番よかった。みんな英語を話すから。楽だったよ」

私たち日本人は海外に行けば、言葉が違うことはあたりまえだとあたりまえのように思っていた私としては「世界で広く使われている英語が母国語の人たちはこういう意識なのか~」と、よく言えば新鮮な驚きであった半面、「私たちが努力して英語を習得しているのに、英語を母国語とする人たちはなんてズボラなんだろう」と怒りさえ覚えました。

でも、考えようによっては、英語が母国語で英語以外知らなくでも何の問題もない(と思っている)人たちって、ある意味かわいそうですね。井の中の蛙のようで。

スペイン人の知り合いは、米国人の友人がためしに話したスペイン語の発音があまりに英語チックでお粗末だったとバカにして笑っていました。「彼らは外国語を学ぶことがヘタだ」とまで言っていました。翻って考えれば、英語を真剣に学んでいる日本の人たちは本当にエライですよね!

でも、もし日本語が英語のように広く使われる言語だったら、私たち日本人も上述の英国人の学生のように思うのでしょうか?「ハワイってある程度日本語が通じるから楽だわ」とか「台湾は日本語を話す人が多いから楽しく旅行できた」などと…。

By Acco
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・