英会話上達のヒント

英語の「仕事をやめる」quit, retire, resign, lay off, fire


英語で「仕事をやめる」の使い分け

 

一言で「仕事をやめる」といっても、掘り下げるといろいろなケースがあると思います。

例えば、「自分の一身上の都合でやめる」「業績が悪化し会社都合で雇止めになる」「定年で退職する」「仕事でヘマをしてクビになる」など様々です。

しかし、日本語ではこれらのケースすべてを「仕事をやめる」と表現可能です。

ケース1:一身上の都合でやめる

先週仕事やめたんだ。
えっ、なんで?
転職することに決めたから

 

ケース2:会社都合でやめる

先週、仕事やめたんだよ
えっ、なんで?
会社がさ、業績不振で人員整理を始めたんだ。

 

ケース3:定年でやめる

先週、仕事やめたんだよ
えっ、なんで?
うちの会社は55歳が定年で、先週で55歳になったんだ。

 

ケース4:クビでやめる

先週、仕事やめたんだ。
えっ、なんで?
取引先を怒らせちゃってさ、責任とらされてクビだよ。

 

といった具合で、どのケースに関しても「仕事をやめた」という日本語が機能しています。

ところがこれらのケースを英語にするとすべて異なる英語が使われるのです。

 

英語ではどう言うのか

ケース1:一身上の都合でやめる=”resign”

I resigned from my job last week.
What? What happened to you?
I decided to change my jobs.

このように自分の意志で職を辞する場合はresignが使われます。もっと一般的な語としてquitも使用できます。

ケース2:会社都合でやめる=”lay off”

I was laid off last week.
What? What’s going on?
The company’s performance has been poor, so they’ve started downsizing.

このように会社都合で雇止めになる場合は、lay offが使われます。

ケース3:定年でやめる=”retire”

I retired last week?
Oh, you did, but why?
Full retirement age is 55 in my place, and I reached that age last week.

このように定年で会社をやめる場合は、retireを使います。

ケース4:クビでやめる=”fire”

I was fired last week.
Oh my god! Why should that happen?
I made a client get angry. I had to take on that responsibility.

このように、クビになるはfireを使います。

 

by Mogu
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人英語講師による日本人のための英会話
TOEIC対策・英検対策・TOEFL対策・発音指導・英文エッセイ・文法指導
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・