脱初心者への道(Pick Up記事)

英語学習の方法|自分で工夫することの大切さ

英語学習の方法は?

 

どうすれば英語ができるようになるか悩んでいる人は多いと思います。

巷にはありとあらゆる方法が宣伝や提案されていて、どれが自分に合っているのか、自分にはどの方法が最も効果的なのか、分からなくて困っている人のために書きます。

 

自分に一番良い方法は自分で選ぶしかありません。貴方にとって良い方法は、別の誰かにとってはまったく効果のないものかもしれません。英語を習得するにはまず自分を見つめ直すことから始める必要があります。

自分だけの英語学習の方法を探す

学習は貴方の脳の中だけで起こることです。貴方だけの人生と生活と感情があり、その中で英語を学習する方法を模索するしかありません。

理想の自分を思い描く

まず英語を学習する目標を明確にし、その目標に到達したときの自分を思い描くことから始めます。

海外で現地の人と自由に喋って楽しんでいる自分ですか?綺麗な発音で自分の子供に読み聞かせをしたり、話しかけたりしている自分ですか?ZOOMで海外のセミナーに参加してどんどん発言している姿でしょうか?留学して現地の学生と同等に勉強しキャンパスライフを満喫している姿ですか?原書で様々な本を読んで静かな時間を過ごしている光景でしょうか?それとも、ビジネスでがんがん海外のクライエントと交渉している自分ですか?TOEICで目標得点を取り達成感を享受している自分でも構いません。

自分の目標に向けた英語学習の方法を見つける

目標・目的が色々あるのと同様に、学習の仕方も人によって異なります。なので、万人向けの英語の学習法というものは存在しません。自分で考え、試し、ダメなら別の方法を試してみるしかありません。方法を見つけるのにサイトやブログや動画を参考にするのも良いでしょう。ここのブログにも私を含め色々な人が様々な英語上達法を提案しています。

 

試行錯誤しながらインターネットで自分が共感できるものを、日本だけでなく海外の検索エンジンを駆使して見つけるところからすでに貴方の英語学習は始まっています。英語は全世界の人が習得したいと思っている言語なので、英語学習に関する優秀なサイトや動画が日本語以外(主に英語)でたくさんあります。今はDeepLやGoogleなどオンライン機械翻訳も手軽に使えるので、内容が分からなければ翻訳すればいいのです。

 

他者に教えて貰ったことは、結局は身に付きません。初めての場所に誰かに連れて行って貰っても、次にそこに自分一人で行こうとしたら道に迷ってしまうことはありますが、スマホのマップを片手に自分一人で初めての場所に辿り着いたときは道順をちゃんと覚えているのと似ています。自分で得たものは、英語学習を始める前から貴方の糧となっているのです。

まずは知識のインプット

一つ言えることは、どの方法を選んだとしてもインプットなしに英語は上達しないということです。すべての言語は、発音、語彙、文法で成り立っています。目的にも依りますが、この3つのどれが不足しても英語を自由に操ることはできません。

次に身体にしみこませる

そして、これらをただ頭で覚えるだけでは足りません。「体得」し「自動化」する必要があります。自分のものにしてしまうのです。それには継続的な練習が必要です。英語を実際に使うというのは、読む、書く、聞く、話す、を問わず自分の持つ限りの「知識」ではなく「技能」で臨機応変にクリエィティブに対処する必要があります。例えて言うなら、ミュージシャンのアドリブのようなものです。ミュージシャンが基本的な技術がないのにアドリブを演奏できないのと同様に、発音、語彙、文法を練習し体得した「技能」にしていかなければ英語の上達はさほど望めません。

4技能を習得する方法は?

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのいわゆる4技能に取り組む場合、リーディング・ライティングなら少なくとも語彙と文法、リスニング・スピーキングなら発音と語彙と文法の基本技能を高める必要があります。

 

体得した基本技能とは、平たく言うと考えなくても自動的に応用し、独自にアレンジできる技能のことです。日本語を使っているときの感覚、または、自転車に乗っているような無意識に脳と身体が動いている状態です。この技能の域にどれだけの発音と語彙と文法(構文)を入れることができているかが貴方のその時点での英語力です。

継続こそ最も大切

そして、この体得は短期間でできることではありません。語学学習で継続ほど大切なことはありません。できれば毎日、それが無理なら少なくとも週に5日は練習するよう心がけることから始めて下さい。どのような練習かは最初に書いた、自分に合った練習です。何をすれば発音、語彙、文法を最も効率よく体得できるかは人によって異なり、また、それぞれのこれまでの英語学習の背景によっても変わります。練習時間も人によって様々ですが、最低一日合計30分が妥当かと思います。忙しくても通勤・通学やスキマ時間を上手く使えば日々学習できます。

 

そして最後に、練習を続けるにはモチベーションが必要です。そのために、目標に達した自分の姿を具体的にイメージし続けて下さい。また、ネットや書籍でどうすればモチベーションを維持できるのかを研究してみるのも良いでしょう。

 

自分の英語を上達させるのは自分しかいないのです。

 

By Portland
同じライターの別の記事を読む

外部の英語のリズムに関するサイト
https://english-club.jp/blog/english-rhythm/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人講師による日本人のための英会話
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・