英語をもう一度学び直そうと思っていても躊躇している方に向けて無料のメルマガを配信しています。何から始めればいいのか、再び挫折しない方法など「社会人の学び直し英語」について情報を発信しています。
今だけ、登録者特典としてAmazonで1280円相当の電子書籍PDF版プレゼント登録ページへ

英会話上達のヒント

「残暑お見舞い」を英語で言ってみよう


まだまだ暑い! 使える「残暑」フレーズでご挨拶

 

その年によって変わりますが、秋の始まり「立秋」は暦の上では、8月7~8日頃になります。そしてその頃から「残暑」という言葉が使われはじめます。

この時期は、残暑お見舞いのはがきやメールを送る人も多いのではないでしょうか。

残暑お見舞いを送る時期は、立秋から8月いっぱいというのが一般的ですが、9月に入ってもまだまだ暑さは続きます。普通のやりとりであれば、「残暑お見舞い」や暑さを話題にした挨拶は、9月に入ってから使っても全然大丈夫でしょう。

 

今回は「残暑お見舞い」にまつわる英語表現をご紹介しましょう。

英語で「残暑お見舞い」を書いたり、残暑を話題にした挨拶をしたりする時の参考にしてみてくださいね。

 

「残暑」を表す英語表現

「残暑」という日本語にぴったりな英語はありませんが、「残暑」を表現できる以下のような言い回しがあります。

 

・the heat of late summer

・the late-summer heat

・the lingering summer

・the lingering summer heat

 

それぞれの使い方を挙げてみましょう。

The heat of late summer is intense this year.

(今年は残暑が厳しいですね。)

 

The late-summer heat is severe.

(残暑が厳しい。)

 

Now is the lingering summer season.

(今は残暑の季節です。)

 

The lingering summer heat of Japan is fierce.

(日本の残暑は大変厳しいです。)

 

「残暑お見舞い」を英語で言うと?

「残暑お見舞い」という日本語を英語で言うと、例えば「late-summer greeting」となります。

残暑お見舞いのハガキは「late-summer greeting card」というように言うことができます。

 

Late-summer greeting to you.

(残暑お見舞い申し上げます。)

 

「late-summer」を使わず、「season’s greeting(季節のご挨拶)」を使った表現もできます。

 

Season’s greeting to you.

(時候のご挨拶を申し上げます。)

 

以上のようなフレーズはハガキであれば冒頭に、メールであれば件名の部分につけることができます。

そして「How are you?(お元気ですか?)」など、相手の状況を聞く言葉につなげていくといいでしょう。

 

どんな夏を過ごしたのか、聞いてみよう!

ここでは相手の近況を尋ねたり、相手を気遣うフレーズをご紹介します。

 

How are you doing in this late-summer heat?

(残暑厳しいこの時期、いかがお過ごしでしょうか?)

 

How was your summer vacation?

(夏休みはいかがでしたか?)

 

The heat of the day is still severe. Are you going well?

(日中の暑さはまだまだ厳しいですね。元気でお過ごしでしょうか?)

 

こちらの近況を伝える時に役立つ言い回し

こちらの近況もしっかり伝えましょう。暑いとついついネガティブになってしまいますが、ネガティブにならないように、前向きな言葉やちょっとしたジョークも加えるといいでしょう。

 

This lingering summer heat is killing me. Don’t worry about it! I love the summer season!

(この残暑で死にそう!でも、心配しないでね! 私は夏が大好き!!)

 

This heat of late summer is too much for me. I pigged out on shaved ice with syrup on the top yesterday. I felt like I was in Antarctica.

(この残暑は私には辛いです。昨日はかき氷ばかり食べたんですよ。南極にいる気分でした。)

 

I was a little tired these days because of the heat. But I’m enjoying the summer.

(ここのところ暑さのせいでちょっと疲れていました。でも夏を楽しんでいますよ。)

 

結びの言葉では相手を気遣うことを忘れずに!

英語での手紙・メールなどの結びには親しみを込めて「Best regards.」や「Best wishes.」などのフレーズを加えます。

日本語にも「かしこ」や「敬具」、「よろしく」などといった言葉がありますよね。「かしこ」や「敬具」だと固い印象ですが、「Best regards.」や「Best wishes.」はカジュアルなフレーズです。

 

そして「Best regards.」や「Best wishes.」の前に相手を気遣う一言を忘れずに入れると、メッセージに温かみが加わりますよ。

 

Please be careful of getting a heat stroke. Stay hydrated.

(熱中症には気をつけてください。水分をしっかりとってくださいね。)

 

Have a nice lingering summer heat.

(残暑が厳しいですが、良い夏をお過ごし下さい。)

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「残暑」にまつわる英語フレーズと「残暑お見舞い」に役立つ例文をご紹介しました。

残り少ない暑い季節に、ぜひ英語で残暑お見舞いを出してみてはいかがでしょうか。

 

byあいんちゅ
同じライターの別の記事を読む

ライターあいんちゅのプロフィール
語学、海外トラベル系の雑誌やムックの企画と編集そして執筆を長年しています。元大学教員。書くことが好きで常に何か考えて、書いていないと落ち着かない性分です。還暦過ぎてからの留学を実現するために日々英語勉強中。


無料メルマガ登録

「社会人のやり直し英語」に役立つ情報をメールマガジンでお知らせします。画像をクリックして無料メルマガ登録ページへお進みください。

今だけ、Amazonで1280円相当の電子書籍PDF版プレゼント

英単語学習への興味を刺激してくれる内容です。

思わず間違えてしまう似た綴りの単語というのはあるもので、そうした単語をセットで覚えておくことで語彙力が増えていきます。例えば、reminderとremainderという単語はぱっと見ると間違えてしまうくらいよく似た単語です。reminderは「何かを思い出せるもの」でリマインダーというカタカナ語も最近ビジネスの場で使われるようになってきました。またremainderは動詞のremainを知っていれば察しがつくかもしれません。「残りのもの」を意味する単語でTOEICなどにも出題されたことがあります。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


本気で英語をやり直したい人のための無料メルマガ登録