英会話上達のヒント

shadowとshadeの違いを漢字との対応関係で学ぶ


shadowとshadeは「影」と「陰」

 

shadowとshadeは何が違うのか、これは漢字との対応で考えると非常に分かりやすいです。

今回はshadowとshadeのような紛らわしい英単語を漢字との対応で捉えて分かりやすく解説します。

shadowとshade

まずはタイトルにもあるshadowとshadeの違いについてです。

shadow=「影」

shade=「陰」

という漢字が対応します。

影は光がモノにさえぎられて地面や壁などにできたモノのシルエットのことです。

日本語では「影法師」などといって、自分が動くと自分の影もぴったりと自分についてくることを意味しますね。

つまり、shadowはどこかそいういったモノの輪郭をはっきり感じさせる物質的な捉え方がなされる単語です。

英語の発話トレーニングでshadowingというのがありますが、これはネイティブの声にワンテンポ遅れてぴったりとついていく練習法です。抑揚やアクセントなども真似るので、まさに「音の影法師」のようなものですね。

次に、陰も光とそれを遮るモノによって生じることは影と同じです。しかし、陰はモノのシルエットのような平面上のはっきりした形をもちません。むしろ、陰はぼんやりとした暗い空間を捉えるような言葉です。

例えば、「木陰」というのは光が木で遮られた暗い一角を意味します。「あの木陰で休もうか」という時に影法師はできていても頭上に日光が燦燦と照りつける場所を意味しません。陰になって涼しくなった木のそばにできた空間を意味するはずです。

ですから、英語でも

Let’s take a break in the shade.

といえても

Let’s take a break in the shadow.

は奇妙な感じがするのです。

他にも漢字との関係で捉えると分かりやすい英単語を見てみましょう。

earlyとfast

earlyとfastは中1レベルの単語ですが、初心者が時々間違えてしまう英単語です。

early=「早い」

fast=「速い」

日本語では時間帯がはやい場合に「早い」という漢字を用い、動きがはやい場合に「速い」という漢字を用います。

shadowとshadeは英単語の形や音が似ていましたが、「はやい」を意味する英単語は形や音は似ていません。おそらく日本人が日本語的発想をするうえで間違えてしまう単語の組み合わせかと思います。

早朝 early morning

高速列車 fast train

のように漢字表記と英単語をセットで覚えてしまってもよいでしょう。

ちなみに、芸能人のファーストサマー・ウイカさんは「初夏」をウイカと読ませるところからきているようですが、本来「初夏」は時間的なはやさなのでearly summerです。それを、誰も聞いたことのない芸名にしようと、あえてファーストサマーとしたという話をどこかで読んだことがあります。

クリエイティブな世界では誤用が功を奏する場合もありますが、コミュニケーションの手段としての英語は正確性を重視しましょう!

 

by Mogu
同じライターの別の記事を読む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本人英語講師による日本人のための英会話
TOEIC対策・英検対策・TOEFL対策・発音指導・英文エッセイ・文法指導
オンライン英会話 Eigo Chat Lab!
無料体験レッスンはwebsiteからお申込みいただけます。website:https://www.eigochat.jp
ご質問はお問合せフォームからお願いします。
問合せ:https://www.eigochat.jp/WTE/site.cgi?m=inqfrmshw
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・