英会話上達のヒント

TOEIC Part3対策 ポイント整理!


TOEIC Part3対策 解き方と勉強法

 

TOEICPart3は、全39問の会話リスニング問題です。2人または3人の会話1セットに対して3問ずつ出題されます。

 

今回は、TOEIC Part3の解き方、勉強法をご紹介します。

早速見ていきましょう。

 

TOEIC Part3  対策のポイント

 

TOEIC Part3の問題の流れを知る

 

TOEIC Part3は以下の順序で音声が流れます。

 

  1. TOEIC Part3全体の指示(Directions)約30秒
  2. 会話文についての説明
  3. 会話文 1セット60-70秒程度
  4. 設問文3題(設問文と選択肢は問題用紙に記載)

 

Part3では設問文と選択肢4つが印刷されているため、それらを先読みすることがポイントです。

 

音声が放送される流れを知り、先読みするタイミングを把握しておきましょう。

 

TOEIC Part3の解き方

 

Part3に焦らず取り組むために、解き方を確認しておきましょう。

 

  1. Directionsが放送されている間に設問を読み、内容を把握。
  2. 会話のリスニングに集中する。
  3. 会話が放送されている間に解答。
  4. 次の問題を先読みする。

 

Part3では、解き方に慣れておくことで、解答精度が上がります。公式問題集などで練習を重ねておきましょう。

TOEIC Part3  おすすめ勉強法

 

TOEIC Part3では設問文と選択肢を素早く把握する

 

TOEIC Part3では設問の先読みがポイントになります。

素早く要点を把握して、会話のリスニングに集中できる状態を作ることが大切です。

設問は以下のような内容が出題されます。

 

What is the problem?

(A) A printer is broken.

(B) A coffee machine is not working.

(C) The Internet is down

(D) A manager is late for a meeting.

 

Who most likely is the woman?

(A) A tenant

(B) A real-estate agent

(C) A lender

(D) An office manager

 

まず設問文で何を問われているかを理解するために、疑問詞(What, Which, Who, Where, When, Why, How)と主語、動詞を把握しましょう。

 

選択肢は、まずは何があるのかサッと目を通しておきましょう。余裕があれば、それぞれ何を指しているのかを確認します。

 

選択肢まですべて読むのが難しい場合は、設問文のみを先読みしましょう。何を問われているのかを頭に入れておき、放送を聞きながら解答していきましょう。

 

TOEIC Part3では会話の内容を思い浮かべる

 

Part3の会話は2人の場合と3人の場合があり、1分程度あります。

その都度日本語に訳したり、選択肢の言葉だけを探そうとすると、スピードについていけなくなったり、言い換えを聞き逃したりします。

普段からリスニングの際に、会話が行われている情景を思い浮かべる練習をしましょう。

TOEIC Part3の模試や予想問題を使って練習を行います。

会話の内容がわからない場合は、スクリプトと日本語訳を読み、誰がどんなシチュエーションで何を話しているのか、を先に理解します。その後音声を流しながら、会話の内容を頭の中でイメージしていきましょう。この練習を繰り返すことで、日本語を介さなくても、英語でそのまま内容を理解できるようになります。

 

TOEIC Part3では音読の練習をする

 

Part3の理解のスピード、精度を高めるために、音読の練習を取り入れることをおすすめします。

 

まずは、スクリプトを見てわからない単語や表現を確認し、内容を理解しましょう。

次にPart3の会話部分を聞き、正しい発音を確認します。

できるだけ正しい発音で、音読を繰り返し練習してください。

スムーズに読めるようになったら(放送と同じくらいのスピードで読めることが目標です)意味を思い浮かべながら音読をしましょう。

 

英文の意味を思い浮かべながら音読ができるようになると、リスニングの際に内容を理解しやすくなります。

この方法はTOEICのリーディング対策にも大変効果的です。

音読のスピードと精度は、リスニングとリーディングのスピードと精度に直結しています。

ぜひTOEIC Part3対策として、音読の練習を取り入れてみてください。

 

TOEIC Part3 まとめ

いかがでしたでしょうか。

TOEIC Part3は先読みで設問の内容を把握しておくことが、得点率アップの鍵となります。

さらに、内容を思い浮かべながらのリスニング、音読で会話文をより正確に理解する練習をして、Part3を得意分野にしていきましょう。

今回の記事があなたの英語学習に少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

By Eli
同じライターの別の記事を読む

ライターEliのプロフィール
英語力ゼロでアメリカ留学後、独学4ヶ月でTOEIC800越えを達成。大学卒業後は、翻訳、海外事務に従事。現在は英語講師として、幼児から社会人まで、英会話から大学受験までの指導にあたる。TOEIC970。

本記事の運営元Eigo Chat Lab!でオンラインTOEIC対策をしてみませんか。こちらより無料体験ができます。